ナンパで全国制覇

私はある食品会社の営業マンで、会社の商品を売るために全国のデパートや商店を営業して回っています。
これまで北海道から沖縄まですべての都道府県を回って営業活動を行なってきました。
体力的にはなかなか大変なのですが、その土地土地の名物などが食べられるいうのは仕事が終わった後の楽しみのひとつでもあります。
そうそう、実はその楽しみのほかにあまり人には言えないような「お楽しみ」もあるんです。
それは、その土地の女性と一晩を過ごすというものなんです。
これは風俗店にいくといったものではなく、あくまでも「素人」の女性と一夜の関係を持つということです。
全国各都道府県を回ってすべての場所の女の子を「征服」してきたと思っていたんですが、つい先日、実はまだ福岡県の女性だけと関係を持ったことがないことに気付きました。
これではナンパ師の沽券に係わるということで、さっそく出会い系サイトを利用して福岡県でセフレ女性を探すことにしました。
するとさすが出会い系サイト、すぐに相手を見つけることができ、出張の夜に楽しむことができました。
これでやっと全国制覇完了というわけです。
今は日本国内だけでは飽き足らず、海外に向けてナンパ師修行をしようと考えているところです。

40代が積極的に出会い系サイトを利用する理由

いろんな出会い系サイトを見てみると、男女問わず40代の利用者が非常に多い傾向にあります。
一見すると20代や30代に人気があるイメージを持ちますが、40代が積極的に出会い系サイトを利用するのは、どういった理由があるのでしょうか。

インターネットと聞くと、若い人が利用するイメージが強いですが、むしろ40代の方が馴染みのあるツールだと言えます。
ちょうどパソコンやネットが普及し始めた頃は、20代の半ばから後半ぐらいの年代だった人が多く、最もインターネットに精通している年代なのです。

そして出会い系サイトに関しても、当然ながらネットで出会いを探すツールとなっているので、40代が利用しても何ら不思議ではありません。
まして近年では、晩婚化や熟年恋愛も当たり前の時代となっているので、中高年の人たちも積極的に出会いを探しています。

年上男性に魅力を感じる女性、熟女好きの男性もたくさんいますし、40代の需要もかなり大きい状況となっています。